結婚指輪の代金、どちらが払うもの?

結婚指輪の代金はどちがら支払うのでしょうか?結婚指輪を男性からの「贈り物「」と捉えるか2人の「記念品」と捉えるかでも変わってくるようです。今回はアンケート結果と一緒に紹介しています。 

はじめに

将来の旦那様になる方からプロポーズを受けた人は、今頃、着々と結婚準備を進めていることでしょう。では、結婚指輪や結婚式などそれぞれの代金は、どちら持ちになることが多いのでしょうか。ちょっと探ってみましょう。

結婚指輪の代金、男女どちらが払っている?
あるアンケート調査によれば、結婚指輪を購入するとき、負担するのは男女どちらか一方というよりは、二人でいくらかずつ出し合って共同で買うというケースがもっとも多いようでした。

また、男女どちらか一方が負担するという場合は、やはり男性のほうが負担する割合は多いようです。その理由としては、特に男性のほうが資金に余裕があることが多いようです。

ちなみに結婚指輪の一般的な購入金額の平均額は、二人で20~25万円程度が相場だとか。これをいかに支払うかは、カップルとしては考えどころといえそうです。

結婚指輪の支払いパターンはいろいろある!

一般的に、婚約指輪は男性から女性へ贈るものなので、費用負担は当然、男性側になることが多いようです。しかし、一方で結婚指輪はいろいろな費用負担パターンがあるようです。

そもそも「結婚指輪は男性が全額払うもの!」という考えがあるカップルであれば、迷わず男性が全額負担することになるでしょう。しかし、実際のところ、男女共に分け合って負担するケースが多いことから、一般的な考えに縛られず、カップルによっていろいろな考えのもとに結婚指輪が購入されているようです。

女性が全額負担するケースでは、「結婚式の費用は男性持ちだったから、結婚指輪は女性持ちにする」「女性のほうが男性より稼ぎがいいので、必然的に女性持ちになった」などが例としてあります。

男性が全額負担するケースでは、「婚約指輪と同時購入したから、男性持ちになった」ということは多いようです。将来、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けしたいという人は、よく同時に二種類の指輪を予約購入してしまうようです。セットで買ったほうが割引になるケースもあるからです。

現在、結婚指輪の代金を負担するのは、特に男女を問わず行われているようです。実際、あなたはパートナーとどのように購入計画を立てるでしょうか? それは、「贈り物」と捉えるか、「二人の結婚記念品」と捉えるかによっても変わってきます。特に今、どちらが払うべきかなどの決まりはないので、よく二人で話し合い、どのように結婚指輪を位置づけるのかを明確にしてから、購入するのがいいでしょう。

おすすめの記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ラザール ダイヤモンド 2016 新作特集