デザインが飽きた…今からでも変えられる?

永く身につけられるように、と結婚指輪をシンプルにする方は多いと思います。しかし、シンプル過ぎて飽きてしまったら…?結婚指輪のリフォームやクリーニングについてご紹介しています。

はじめに

結婚指輪は、婚約指輪と異なり、長く身につけられるものかどうかが選択のポイントになります。デザインも比較的オーソドックスなものが主流です。その他、つけ心地や素材の強度なども選択のポイントに。しかし、長年つけていれば、どうしても飽きがきてしまうこともあります。今、結婚指輪を選んでいるときには想像がつかないかもしれませんが、実際は大いにあり得ることなのです。そこで、結婚指輪のデザインに飽きてしまったときの対処法をいくつかご紹介していきましょう!

デザインに飽きたらリフォームができる!

もし将来、結婚指輪のデザインに飽きてしまったら、指輪のリフォームをしてデザインを変えるという方法があります。ショップによって、リフォームを扱っているところとそうでないところがありますし、どのようなリフォームが行えるかも異なるので、ショップ選びは入念に行いましょう。

例えば、これまでシンプルすぎて味気ないと思っていた結婚指輪を、少しウェーブの効いたデザインにリフォームした例があります。また、毎日つけるには少しゴージャスすぎるような、ダイヤモンドが多くセッティングされていて、衣服に引っかかりやすいデザインのものを、ハーフエタニティのデザインに変えて日常生活に支障がないように変更した例もあります。これまでの結婚指輪が劇的に変化するのは感動もの! リフォームという手段があることをぜひ覚えておいてください。

輝きを再度取り戻すには?

デザイン変更となると大掛かりすぎると感じる場合には、手持ちの結婚指輪のお手入れをして、もう一度輝きを取り戻すという方法もあります。ショップによっては、アフターサービスでクリーニングを行ってくれるところもあります。

また、結婚指輪のクリーニングは、ある程度なら自分で行うことができます。やわらかい布などで皮脂汚れを拭いたり、中性洗剤で泡立てて洗うなどして細かな汚れを取り除いたりします。これまでくすんでいた指輪が、新品のような輝きを取り戻し、新鮮な気持ちでつけることができますよ。

デザインに飽きて、そのまま引き出しにしまってしまい、つけなくなってしまうというパターンは多いもの。けれど、リフォームやお手入れなどによってうまく見た目に変化をつけることができれば、長く愛用することができます。結婚指輪のデザイン変更を考える可能性があるなら、リフォームのしやすさを考慮し、リフォームが得意なショップを選ぶのをおすすめします。

おすすめの記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ラザール ダイヤモンド 2016 新作特集