結婚式ムービーは宝物♡一生の思い出になる映像演出の作り方

結婚式ではゲストへ感謝の気持ちをしっかり伝えたいもの。結婚式ムービーは一番ストーリーがあり引き込まれるので、ゲストにふたりのことを知ってもらうと同時に、祝福の気持ちも高めてもらえます。そこでおすすめなのが、プロによる結婚式ムービー。自分たちも幸せな気分になれるクオリティの高い結婚式ムービーにするために押さえるべきポイントや、テクニックをご紹介します!

1-images-to-bememorable-20180427

結婚式ではゲストへ感謝の気持ちをしっかり伝えたいもの。結婚式ムービーは一番ストーリーがあり引き込まれるので、ゲストにふたりのことを知ってもらうと同時に、祝福の気持ちも高めてもらえます。そこでおすすめなのが、プロによる結婚式ムービー。自分たちも幸せな気分になれるクオリティの高い結婚式ムービーにするために押さえるべきポイントや、テクニックをご紹介します!

プロに結婚式ムービーを依頼する時に知っておくべきポイント

【1】結婚式ムービーはいつまでに依頼するべき?

お店によって製作期間は異なりますが、早めに依頼するのに越したことはありません。結婚式の日時が決まったらすぐに依頼すると安心です。理想は半年前、遅くても2か月前には相談しに行きましょう。
なかには1週間で仕上げてくれるところもありますが、その分スケジュールがカツカツで事前チェックや修正依頼ができない場合があるのでご注意を!

【2】結婚式ムービーの予算はどれくらい?

結婚式の結婚式ムービーにかける平均費用は約10万円。ただし、お店やプランによって変わるので、自分でどこまでこだわりたいか決めてから相談しましょう。出せる費用が決まっている場合は、先に予算を決めてから選ぶとスムーズです。

節約派の人は、完全にプロに依頼するのではなく、決まったフォーマットに自分で素材を入れ込んで動画制作だけを依頼するカジュアルなプランもあります。
写真や文字を自分で用意する分手間がかかりますが、費用は約5万円程度に抑えられることも。オープニングムービーとプロフィールムービーをセットで依頼すると安くなるなど、セット割引や期間限定キャンペーンを実施している場合もあるのでチェックしましょう。

【3】スマホや携帯で撮った写真は結婚式ムービーに使える?

映像に使う写真をピックアップすると、ほとんどがスマホや携帯で撮った写真だという方もいるでしょう。最近はスマホや携帯のカメラの性能も良く、画質が良いので十分素材として使うことができます。ただ、なるべく大きなデータの方が仕上がりは良いので、カメラで撮った写真があれば優先的に使いましょう。

幼少期の写真はデータ化されていないことが多いですが、アナログの写真もデータ取り込みして使えるので、お店に依頼するか自分でデータ化するなどして活用しましょう。

【4】結婚式ムービーはインターネットでも依頼できる?

無難なのは直接足を運んでお店に行き、しっかり相談すること。見本もあるので内容を把握しやすく、スタッフともじっくりと相談できるので安心です。
ただし、最近はオンラインショップも増えてきたのでインターネット上のやり取りだけでも結婚式ムービーの依頼は可能です。

ホームページで見本動画を公開していたり、料金表がわかりやすく表示されていたりするので、簡単な結婚式ムービーであれば十分に依頼できます。全体的にオンラインショップの方が割安なので、節約派の人には特におすすめです。

結婚式ムービーの鉄板!ゲストが感動する映像演出

2-images-to-bememorable-20180427

【1】家族との絆感じるプロフィールムービー

ふたりの人となりがわかるプロフィールムービーは結婚式ムービーの定番。そして、家族エピソードは多くのゲストが共感しやすく、親族の心もつかむ感動演出の王道です。プロに依頼することで、第三者目線でムービーのストーリーを組み立ててくれるので、よりゲストに響く仕上がりに。親孝行にもなるうれしいムービーです。

まず、打ち合わせの段階で家族とのエピソードをなるべくたくさん伝えましょう。スタッフがこれぞというエピソードをピックアップし、それに応じて素材を収集してくれます。そこから内容や構成を練り、まるで映画のようなストーリーあるプロフィールムービーが完成。ただし、その分手間とコストがかかる可能性もあるので相談しながら進めましょう。製作期間は2か月ほどみておくと安心です。

【2】場を盛り上げるオープニングムービー

結婚式の最初に流れるオープニングムービーは一気に場を盛り上げる映像演出のひとつ。これから始まるというワクワク感と非日常のドキドキ感で、会場にいるゲストの一体感を高めることができます。ふたりらしいカラーを取り入れたオープニングムービーだと場が一気に華やぎ、ゲストの笑顔があふれるでしょう。

おすすめなのは、ふたりの共通の趣味をムービーにすること。ふたりとも野球が好きならバッティングしている様子をムービーにしたり、音楽が好きならいっしょに演奏している様子をムービーにしたりと、個性あふれる内容にすると受けがいいです。また、明るく元気な雰囲気で仕上げるのがオープニングムービーの鉄則。ちょっとはしゃいでいるくらいのハッピーなムービーに仕上げるのがポイントです。

【3】感謝を伝えるエンディングムービー

エンディングムービーは結婚式のラストを飾る一大演出。参加していたゲストも自分事のように見られるので、一番惹きつけやすい演出だと言えます。
結婚式当日の様子をすぐに編集してラストに流すこともできます。ゲストも映っているので、好感度抜群の演出になりますが、その分コストが上がるので予算と相談を。ただ、結婚式の様子をまとめている分とてもドラマチックで、新郎新婦にとっても一生の思い出となること間違いなしです。

事前に作っておく場合は、ゲストや親族への感謝を伝える内容にすれば◎。ふたりでビデオレター風にコメントを残してもいいですし、もし前撮りをするのであれば前撮りの様子をムービーにするのもほほえましいです。ここに家族とのエピソードを入れると、ゲストをウルッとさせられます。

せっかく結婚式を挙げるなら、ムービー演出はぜひ取り入れたいところ。ふたりのストーリーがストレートに伝わる演出なので、思い出作りとしてもおすすめです!

この記事のタグ

関連記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ダイヤモンドブランドならではの洗練された人気マリッジリング ラザール ダイヤモンド 2017 新作特集