結婚指輪の間違った選び方3選

結婚指輪選びは夫婦の共同作業の中でも重要です。しかし、間違った選び方をしてしまうとトラブルになることも。ここではトラブルを回避するために、3つの避けるべき結婚指輪の選び方を紹介します。

はじめに

結婚指輪選びは、夫婦で行う共同作業の中でも、とても重要なもの。しかし、実際はちょっとトラブルになることもあるようです。例えば、男性のほうはなるべく結婚指輪にお金をかけたくない派で、女性はお金をかけてもいいものを選びたい派で、意見が分かれてしまうということはよくある話です。

こんなトラブルを回避するためにも、次の3つの選び方は避けるようにしましょう!

結婚指輪、こんな風に選んでない?!

男女で一緒に結婚指輪を選んでいる最中にけんかになったり、後で後悔したりする、結婚指輪の間違った選び方を3つご紹介します。自分が陥っていないか、ちょっとチェックしてみてください。

1.女性の感性だけで選んでしまう

まず、多くのカップルが陥りがちなのがこちら。女性が自分の感性だけで結婚指輪を欲しがってしまい、男性の意見は無視するという選び方です。実は意外と、女性よりも男性のほうが、結婚指輪を外でつけている時間が長いというケースも少なくありません。特に仕事をしながらつけるのですから、TPOに合ったものがいいでしょう。そんな男性の生活の中での意見を取り入れず、「デザインがすてき」「ダイヤつきがいい」などの感覚だけで選んでしまうと、結果的に男性が指輪をつけてくれなかったり、けんかになったりしてしまいます。

2.結婚指輪のデザインだけで選んでしまう

結婚指輪を選ぶとき、パッと見て「すてき!」と感動してデザインだけで決めてしまう人もいるようです。けれど、結婚指輪ははめてみて日常的に使うときに違和感がないか、婚約指輪との重ねづけの際の相性はどうかなどを配慮するべきでしょう。 また、婚約指輪と比べて、できるだけダイヤモンドなどの石の大きさを控えめにするなどして、バランスを考えるのも大事です。

3.周りからの評判を気にして選んでしまう

女性にとって、ジュエリーの輝きは夢の世界。特に周囲にうらやましがられるのをひそかに望んでいることも。けれど、あまりに周囲からの評判を重視して結婚指輪を選んでしまうと、どうしてもよそ行きになってしまい、結局毎日つけられない指輪になってしまうことも。

周囲へのアピールは婚約指輪のほうで存分に行うようにして、結婚指輪はシンプルで無難なものを選ぶのが良さそうです。

間違った結婚指輪の選び方、あなたはいくつあてはまりましたか? いずれにしても、主観的に選ぶのは結局失敗につながります。ぜひパートナーと十分話し合って決めたいものですね。

おすすめの記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ラザール ダイヤモンド 2017新作特集