華奢な印象が人気!細い結婚指輪の特徴やメリットとは

結婚指輪はデザインや素材などで大きく印象が変わりますが、リングの太さも好みが分かれるポイントのひとつです。オーダーメイド以外の市販のリング幅は、基本的に0.5mmごとに作られています。オーダーメイドでない限り、一般的には0.5mmごとに幅が変わっていきます。今回は、比較的細い2.0mm幅から平均的な2.5mm幅の「細い結婚指輪」の特徴をご紹介します。

華奢な印象が人気!細い結婚指輪の特徴やメリットとは

結婚指輪はデザインや素材などで大きく印象が変わりますが、リングの太さも好みが分かれるポイントのひとつです。オーダーメイド以外の市販のリング幅は、基本的に0.5mmごとに作られています。オーダーメイドでない限り、一般的には0.5mmごとに幅が変わっていきます。今回は、比較的細い2.0mm幅から平均的な2.5mm幅の「細い結婚指輪」の特徴をご紹介します。

細い結婚指輪が与える印象

細い結婚指輪は、その華奢な雰囲気が魅力です。特に女性に人気があり、指にはめれば繊細で優美な印象を与えてくれます。また、リングの重ねづけをしやすいのもうれしいポイント。最近は婚約指輪と結婚指輪の重ねづけをする人も増えているので、婚約指輪との相性を見ながら選ぶのもおすすめです!

【1】2.0mm幅はカジュアルで華奢な印象

多くのブランドで、最も細いリング幅は2.0mmに設定されています。平均的なリング幅は2.5mmなのでそれほど細くないように感じるかもしれませんが、実際に指にはめてみると一目瞭然!とても細く、女性なら可憐・男性ならスマートなルックスです。主張が控えめなので、上品でやさしい雰囲気に仕上がります。
一方で、個性的なのでカジュアルなファッションリングと間違えられる可能性もあります。「ほかの人の結婚指輪とは一味違ったリングで日々のファッションを楽しみたい!」と考えている人にピッタリの幅です。ただし、幅が細い分刻印しにくいので、イニシャルなどの刻印を考えている場合はご注意を!
また、着用した際にゆるく感じやすいので、通常のリングサイズより小さいサイズを選んだ方が安心です。購入する際に、スタッフの人に相談してみてくださいね。

【2】2.5mm幅はオーソドックスな安定感あり

2.5mm幅は定番のリング幅。カジュアルからフォーマルまで、どんな服装とも相性がいい万能さが魅力です。結婚指輪を1日中つけている人にとっては、かなり安心感のある幅です。
指につけるとシンプルで落ち着いた印象になり、いくつになっても使いやすいため長年愛用したい人におすすめです。また、王道の幅なので、結婚指輪に対して特にこだわりがない人にも向いています。

細い結婚指輪が似合う指とは?

2.0mm幅の細いリング幅が似合う指とは、どんな指なのでしょうか?
まず、細い指とのバランスは◎!細い指をコンプレックスに感じている男性でも、細い結婚指輪をはめると全体的なバランスが良くなり、指の細さも悪目立ちしません。また、指が細い女性であれば、細い結婚指輪をつけるとさらにスッとした見栄えのいい指になります。

次に、手が小さい人にも細い結婚指輪がおすすめです。手の小さい人が太いリングをはめると指が短く見え、アンバランスになってしまいますが、細いリングであればバランスが取れるため、美しい手元を演出できます。

反対に、手が大きく指が太い人だと、細い結婚指輪との相性はいまいち。あまりにも目立たないため物足りなく感じてしまいそうです。

細い結婚指輪の醍醐味は「重ねづけ」

細いからこそ試したい指輪の楽しみ方は「重ねづけ」!一生身につける結婚指輪だからこそ、飽きない楽しみ方を身につけたいところです。

さりげなく華奢な細い結婚指輪も、ほかの指輪を重ねることでガラリと雰囲気が変わります。重ねづけは他の指輪と組み合わせられるので、シンプルでシックな雰囲気から華やかでラグジュアリーな雰囲気まで自由自在!さまざまなシーンに合わせたファッションにチャレンジできます。

洗練されたダイヤモンドが輝く婚約指輪を持っている人は、ぜひ婚約指輪との重ねづけを取り入れましょう。また、さまざまなデザインのファッションリングと重ねて、オリジナルの魅力を引き出すのもわくわくします。日々重ねづけを楽しむことで、指先にまで高い美意識が宿り、ファッションセンスそのものが磨かれていくこと間違いなしです!

指輪が苦手な人にやさしい「細さ」

日常生活で手仕事が多い人にとって、指輪を邪魔に感じることは少なくありません。ちょっとした凹凸にひっかかってしまったり、物を傷つけてしまったりとさまざまなデメリットが考えられます。それによって高価な結婚指輪が傷つくことを心配する人もいます。

また、一般的なデスクワークをしている人でも、タイピング中に指輪が気になる人もいるでしょう。このような小さなことでも、毎日続くと億劫になってしまい「結婚指輪をつけるのが面倒だな」と感じるようになり、やがて結婚指輪つけなくなってしまう……という悪い流れにはまってしまう場合もあります。結婚指輪をつけなくなるとパートナーが関係を不安視する可能性もあるので、できればこういったリスクは回避したいですよね。

細い結婚指輪であれば、幅が細い分邪魔になりにくく、装着感もあまりありません。そのため、日常的に指輪をつけることに抵抗がある人でも継続して身につけやすいです。指輪が苦手だという人は、ぜひ細い結婚指輪にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

先輩花嫁の結婚指輪:細めサイズ編

当サイトのコンテンツ先輩花嫁の結婚指輪から、細めサイズの結婚指輪デザインを集めてみました。デザインの参考になさってください。

シンプルで飽きの来ないデザインが結婚指輪向けで◎

シンプルで飽きの来ないデザインが結婚指輪向けで◎

すっきりとして飽きの来ないデザインで、結婚指輪として長くつけるにはとてもピッタリ。シンプルなデザインはリングの輝きを引き立ててくれますね。

細身の指輪でも石入りなら存在感バツグン!

細身の指輪でもダイヤ入りなら存在感バツグン!

一見シンプルで華奢なデザインですが、石が散りばめられていて存在感バツグン。細い指にキラリと光って、指のシルエットを美しく見せてくれます。

この記事のタグ

関連記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ダイヤモンドブランドならではの洗練された人気マリッジリング ラザール ダイヤモンド 2017 新作特集