ダイヤモンド入りの結婚指輪が流行中!その魅力とは?

昔は石のないシンプルなデザインが主流でしたが最近はダイヤのついた結婚指輪が流行しています。今回はそのメリット・デメリットについて迫って紹介しています。「結婚指輪ランキング~人気ブランド2017~」。

カテゴリ:
結婚指輪の基礎知識

12,021views

はじめに

結婚指輪といえば、昔から石のないシンプルなデザインが主流でした。

しかし、今はダイヤのついた結婚指輪も人気があります。一粒ダイヤから、アームにダイヤが敷き詰められたエタニティタイプまで、デザインはさまざま。

今回は、このダイヤ入りの結婚指輪のメリットとデメリットに迫ってみましょう。

 

ダイヤモンドのついた結婚指輪が人気

ダイヤが輝く結婚指輪は、数多いデザインの中でも、特に人気があります。アームのサイドに小さな誕生石を埋め込むタイプもありますが、一目でダイヤと分かるようなタイプも意外と根強い人気を誇っています。

 

ただ結婚指輪の場合には婚約指輪のように立て爪タイプではなく、日常で使いやすいようにダイヤを一粒だけ埋め込んだり、アームに小粒ダイヤのメレを多数敷き詰めたりするタイプ(「エタニティ」と呼ばれるタイプ)が一般的のようです。おしゃれなデザインや、ダイヤのキラキラは見るたびに嬉しくなります。

 

また、他の人とデザインが被りにくいため、ダイヤの人気は奥深いものになっているようです。

 

日常生活ではちょっと困るシーンも

一方、ダイヤの結婚指輪にデメリットを感じられるシーンもあります。

 

日常生活で、タオルやセーターなどが引っかかってしまうこともあるようです。赤ちゃんが産まれた場合、抱っこや触れ合いの最中に、知らずに肌を傷つけてしまう可能性もあります。

 

生活の面で心配なら、一粒の小さいダイヤにしたり、エタニティでも、「ハーフエタニティ」といって、リングの片側だけに石を敷き詰めるタイプにすれば、支障が減るでしょう。

 

また、長年身につけている場合、石が取れてしまうこともあるようですが、ほとんどの場合、買ったお店でメンテナンスしてくれるので、特に問題はありません。

 

また、ダイヤをつければ当然値段も変わります。ダイヤ付きの結婚指輪は女性のみのケースが多いこともあって、どうしても妻と夫の結婚指輪に差が出てしまうことも。何より夫婦おそろいのデザインではなくなってしまうという点も否めません。

 

とはいえ全体的には、、ダイヤの結婚指輪を選んでよかった、と感じている方が多いようです。おしゃれをして出かけるシーンでは非常に見栄えよく見えますし、子育てや家事中のアクシデントは、「指輪を外す」といった対処すればそれほど支障はないようです。

 

ダイヤをつけるかどうかは、流行だからという理由で選択するのではなく、好みかどうかが最も大事です。生活する上で多少、支障があったとしても、その指輪がとことん気に入っているのであれば、後悔しないもの。

 

どうしてもダイヤのついた指輪が欲しくなったら、思い切ってそれを選択してみては?

おすすめの記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ラザール ダイヤモンド 2016 新作特集