教えて! 結婚指輪のデザインの種類について

結婚指輪選びで一番気になるのはやはりデザイン。トレンドのデザインもいいけれど、自分たちのこだわりも出していきたい。そんな欲張りなふたりのために、今流行りのデザインや個性的な結婚指輪のアイデアをご紹介します。

はじめに

プロポーズが終わり、結婚が決まったみなさん。いよいよ結婚式へと向けて一直線という中、緊張とワクワク感に満ちているのではないでしょうか。中でも、絶対に気が抜けないのは結婚指輪選び。一生モノとなるために、慎重に選びたいものです。そこで、今回は結婚指輪のデザインを紹介します。シンプルなデザインがいい、と決めている方も、今、どんなデザインが流行っているのかを一通り把握して、ぜひ結婚指輪選びの参考にしてみてください。

今はやりの結婚指輪のデザイン

結婚指輪のデザインの定番といえば、ラインはストレートで、何の飾りもないものです。しかし、最近では少しデザイン性のある指輪のほうが、人気があるといわれています。例えば、アームがカーブを描いているようなV字ラインやS字ラインはとても人気があります。これらは、指をすっきり見せてくれたり、長く見せてくれたりと、視覚的に美しく見せる効果があります。

とはいえ、シンプルなストレートデザインでも、飽きがこないという大きなメリットもあるので候補からは外せないでしょう。しかし、シンプルなストレートでも、素材によっても、アームの大きさによっても、ガラリと印象が変わることもあるので、色々なパターンを見ておくべきでしょう。

V字ラインは、指を長くシャープに見せる効果があるといわれていますし、婚約指輪との重ねづけもしやすいので、大きな人気を誇っています。S字ラインは少し特殊に思えるかもしれませんが、つけたときに指の肉が逃がせて、少しふっくらとした指でも、すっきり見せてくれるといわれています。やわらかい印象を出せるのもS字の魅力といえそうです。

アームの幅が異なるもの、模様入りのデザインも人気

また、結婚指輪はアームの幅が細いか太いかによっても、大きな違いが出てきます。細いと華奢な印象が出るので、より女性らしさを演出できます。反対に、太く幅広のアームの場合、重量感があるのでクールな印象を出すことができます。

その他、唐草模様をアームに彫ったデザインや、メレダイヤと呼ばれる小さなダイヤを埋め込んだデザインも個性的で華やかな印象を出すことができます。オリジナリティという意味では、二人のイニシャルや二人だけのメッセージを彫ることもよく行われます。他にはない、世界で唯一の結婚指輪のデザインになります。

色々なデザインがありますが、ぜひ色々なデザインを見たり、試したりしながら、自分と相手の指に合ったものを選びたいものですね。

おすすめの記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ダイヤモンドブランドならではの洗練された人気マリッジリング ラザール ダイヤモンド 2017 新作特集