もしかして主婦湿疹?指輪をつけた指がかゆい原因とは

金属アレルギーでもないのに、指輪を着けた手に水ぶくれや湿疹が出てかゆい…それ、もしかしたら主婦湿疹かもしれません。

はじめに

金属アレルギーではないし、指輪の素材もプラチナでアレルギーは起こりにくいはずなのに、なぜか指輪をつけた指がかゆく、水ぶくれができたり湿疹ができてしまったりする方がいます。そんな方は主婦湿疹を疑ってみるといいかもしれません。

主婦湿疹の原因は?

主婦湿疹とは水仕事が原因で起こる手荒れのことで、主婦をはじめ、美容師や飲食店で洗い場を担当している方などに起こりやすい肌トラブルです。別名を手湿疹ともいいます。水仕事によって皮膚の角質や皮脂が洗い流され、肌のバリア機能が落ちたとき、そこに刺激物や雑菌が侵入することで起こる湿疹です。たとえば、洗い物で使った洗剤などが刺激物となりかゆみや水疱ができてしまうことがあるのです。洗い物のあとにしっかり手を洗ったつもりでも、指輪と指の間に洗剤が残っていたために、指輪をつけていた指が真っ赤になりかゆくなってしまったという方も。洗剤が刺激となって湿疹ができてしまったケースです。かゆみがひどく、水ぶくれができて患部がじゅくじゅくしているときは、皮膚科で診察を受けステロイド系の塗り薬を処方してもらいましょう。

主婦湿疹にならないためには?

こういったトラブルを予防するためには、指輪と指の間をしっかりと洗って拭くことが大切ですが、洗い物のときには指輪を外したり、外したくない方はゴム手袋をつけたりするといった基本的なところから対策をとっていくのがおすすめです。また、指輪の有無に関係なく肌が弱くトラブルが起こりやすい方は、洗い物の前に食器の汚れをキッチンペーパーで拭っておくなどして、洗剤が手に触れる時間を短縮するための工夫をしましょう。また、洗剤を天然由来成分のものに変えるなど、できるだけ肌への刺激が弱いものを使うようにするのもひとつの方法です。

ほかにもある! かゆみの原因

ここまで主婦湿疹についてご紹介しましたが、指輪が原因で起こる指のかゆみにはさまざまな原因が考えられます。たとえば幅広の指輪をつけている方の場合、汗で蒸れてかゆみが出てしまう場合もあります。汗で蒸れると、金属の成分が溶けだし、今までは大丈夫だった素材でも金属アレルギーになってしまうことがあります。一度金属アレルギーになってしまうと、長くその症状と付き合っていかなければなりません。そうならないためにも、手に汗をかきやすい方は、夏の間は指輪をしない、もしくは蒸れにくい細身の指輪を選ぶなどの工夫が必要です。とはいえ、いくら気を付けていても予想外のトラブルは起こるもの。もし、おかしいなと思ったら自分で判断せずに、皮膚科を受診するようにしましょう。

おすすめの記事はこちら

利用者急増中!知ってる?結婚指輪もネットの時代!
ダイヤモンドブランドならではの洗練された人気マリッジリング ラザール ダイヤモンド 2017 新作特集