お義母さんからもらった結婚指輪でトラブル

結婚の象徴である結婚指輪。お金がない若いカップルを見て気をきかせてお義母さんが指輪をプレゼントしてもらえたけどデザインが気に入らない!そんな時どうしますか?

はじめに

結婚の象徴である結婚指輪。「結婚指輪はお金が貯まってから後日でいいよね」なんてカップルで話していたら、どちらかの両親が買ってくれた……なんてことがあるようです。「せっかく結婚したのだから、やっぱり結婚指輪はつけたほうがいい!」とご両親世代の方たちは思うようですね。

でも、好意でいただいた指輪が、もしも自分の気に入らないデザインだったらどうしますか? つけないわけにはいかない、でも、気に入らない。葛藤の渦ですよね。

デザインが気に入らないと嘆いていたらお義母さんに聞かれてしまった!

結婚指輪はふだん身に着けるものだから、気に入ったデザインのものがほしいところ。「お金もないし、まだ買えない!」なんて思っていたのに、お義母さんが気をきかせて用意してくれたとしたら、とても嬉しいことですよね。

しかし、開けてビックリ! 自分たちでは絶対選ばないようなデザイン! お義母さんは「喜んでくれて嬉しい! 毎日つけてね!」とひとり大満足で、とてもじゃないけど、「デザインが気に入りません」なんて口にできません。

モヤモヤしたままつけているとストレスが溜まりますが、話を聞いてくれるのは夫くらい。「嬉しいけど、ちょっとデザインがね」などと夫婦で話していて、それがお義母さんに聞かれていたとしたら……。想像するだけで怖いですよね。それはもう恐ろしい修羅場です。

この先の長い人生を家族として過ごす人との関係が、一気に悪化してしまいます。つらい嫁姑問題に発展し、日常生活でもうまくいかなるのは目に見えています。

夫の方も自分とお義母さんの間に立たされ大変な思いをすることになるでしょう。嫁姑問題から夫婦間にも亀裂が入りかねません。指輪をもらったこと自体はすごく嬉しいのにそれが伝わらず、話を聞いたお義母さんは、不満を感じているとしか受け取りません。たしかに「デザインがちょっとね」という表現は、聞いた方にはショックでしょう。

ではどうしたらいいの?

もしそんなことが起きたら、自分から、できれば直接お義母さんに、言いにくければ夫を通して自分の気持ちを正直に、かつ上手に伝えることです。ひとつ提案できることとしては、まずは、「指輪をありがとうございます」ときちんと感謝の気持ちを伝えます。次に「素敵なデザインですが、少し自分たちらしさを加えたい」と正直に話し、「ちょうど名前を彫りたいので、その時に少しデザインをリメイクしてもいいですか?」などと、お義母さんが受け入れやすいような形でデザイン変更を提案してみるのです。

いかがでしょうか? 夫にグチを言っているのをお義母さんに聞かれてトラブルになってしまうより、数倍いいと思いませんか? 親子の絆になる素敵な結婚指輪ができあがると思います。

おすすめの記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ダイヤモンドブランドならではの洗練された人気マリッジリング ラザール ダイヤモンド 2017 新作特集