意外と知らない! 結婚指輪の由来とは

現代の日本では当たり前のように、結婚した二人は結婚指輪をしますが、果たしてその由来とは何なのでしょうか?結婚指輪交換の起源や左手の薬指にする意味などをご紹介します。

はじめに

挙式の際に二人の愛を誓い合うために交わす結婚指輪。お互いの左手の薬指にはめあう瞬間は、女性にとって大きな憧れの一つです。

けれどそんな結婚指輪のならわしはいつから始まったのか、また、その意味についてはあまり知られていないようです。

結婚指輪はいつから始まり、どのような意味があるのでしょうか?

結婚指輪の交換が始まったのはいつ?

結婚指輪の歴史をひも解くと、その始まりは2000年以上前の古代ローマ時代までさかのぼります。はじめは結婚指輪という形ではなく契約の意味として「鉄のバンド」を贈っていたそうです。それが、もともとの婚約・結婚指輪の起源とされています。その後、誓いのしるしとして、鉄の指輪を贈るようになり、「指輪」が「結婚」というものに深く関わるようになってくるのです。

実際に、結婚の証としての「指輪」を贈ったとされるのは9世紀。当時ローマ教皇であったニコラウス1世が妻に指輪を贈ったことが始まりとされます。それを期に、貴族たちが妻に指輪を贈るということが流行し、その後一般にも広まっていきました。当時の文献に、花婿は花嫁に「金の指輪」を、花婿は花嫁に「鉄の指輪」を贈りあったという記述が出てきます。

円を成すリングは永遠の愛を象徴しているとされ、結婚式で指輪の交換が定着してきたのは、11世紀ごろのヨーロッパ。キリスト教の教会で、結婚式の時に指輪の交換をすることが一般化してきました。

その後、日本に指輪の交換という儀式が伝わったのは実は最近なのです。もちろん、指輪をするという文化は江戸時代後期ごろからあったのですが、結婚指輪として夫婦がつけることが一般化したのは、戦後の高度成長期の頃と言われています。今では、結婚指輪をしていないと、「独身なの?」と問われることがあるほどに定着した結婚指輪ですが、日本ではまだまだ浅い歴史なのでした。

リングの意味と左手の薬指にする意味

先述した通り、リングは「永遠」を意味します。リングの円が途切れることのない永遠の絆や愛情を表しているのです。また、結婚指輪は、左手の薬指にはめる習慣がありますが、これにも歴史があります。古代ギリシャでは左手薬指と心臓はつながっていると考えられていたそうです。
そこで、お互いの心と心をつなぐという意味で、左手薬指にリングがはめられることになったのです。心臓は、人間の心、すなわち感情を司る場所だと考えられていたのです。

実は、この左手薬指の説は、古代エジプトにも残っています。左手の薬指は「指輪の指」と決められていました。そして、この指を流れる静脈は「愛の血管」であり、心臓とつながっていると信じられていたのです。古代ギリシャと古代エジプト。どちらの説が有力かはわかりませんが、どちらも心臓につながる指というところからきているのは共通しています。

また、左手は「信頼」「服従」を表し、右手は「権力」「権威」とそれぞれの「手」で象徴するものが変わってきます。それぞれの指に意味があり、薬指には「愛情」の意味があると言われています。そのため、左手の「信頼」と「服従」そして、薬指の「愛情」という象徴から、結婚指輪をはめるのは左手の薬指が最適とされているという、話もあります。

しかし、国や宗教によって左手の薬指ではなく、右手の薬指にはめるという習慣もあるのをご存じでしょうか? 有名なところではドイツです。しかし実はドイツだけではなく、オーストリア、ポーランド、ロシアの一部やブルガリアなどヨーロッパのいくつかの国では結婚指輪を右手に着ける習慣があります。
これには諸説ありますが、中世ヨーロッパの頃、キリスト教以外の宗教の弾圧などの歴史を経て、聖書に忠実なプロテスタントの人々が右手には「正義」や「権力」の意味があることなどで、右手につけるようになったと言われています。しかし、現在ドイツではカトリック教徒の人も多くいることから、一概に、プロテスタントだから右手、カトリック教徒だから左手、という風に分けられることではないことが分かります。

現在の結婚指輪の素材は、プラチナが一般的ですが、古くは鉄のリングだったといわれています。鉄は愛の強さを示すものとされていたのです。
結婚指輪といえば、ブランドやデザインなどに意識が向きがちですが、結婚指輪そのものの意味合いも、考えたいものですね。

おすすめの記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ダイヤモンドブランドならではの洗練された人気マリッジリング ラザール ダイヤモンド 2017 新作特集