結婚指輪を買い替え!その理由とメリットについて

最近、結婚指輪を買い換える人が増えています。買い替えを行う理由は様々ですが、ここではその理由とメリットを紹介しています。

はじめに

結婚する際に購入した結婚指輪を、一生使い続けるという人も多いでしょう。しかし、壊れてしまった、傷がついてキレイではなくなってしまった、もしくはどちらかが失くしてしまったという場合、買い替えを検討することもあるかもしれません。さらに、より今の自分たちに合うものが欲しいという理由で、買い替えをする人もいるようです。結婚指輪は一生に一つだけのもの、というイメージがあるかもしれませんが、買い替えすることで得られるメリットもあります。こちらでは、結婚指輪の買い替えについてご紹介します。

結婚指輪を買い替えることのメリット

結婚指輪は、シンプルなデザインのものが基本です。それは、結婚指輪はずっと身に付けていくものであり、何歳になっても付けやすいデザインが適しているからといえます。また、毎日付けているものなので、生活の中で邪魔にならないデザインが無難ということもあります。

そうやって、いつまでも付けていられるように選ぶ結婚指輪ですが、若い頃に選んだものが、どうしても40代、50代になって似合わなくなってしまうこともあるはずです。20代の頃の華奢な指には合っていたとしても、指の太さが変わってそもそもサイズが合わなくなってしまうことも考えられます。

これらのことから、自分たちの年齢に合ったものをしたくて、結婚指輪を買い替えるというご夫婦も増えているようです。また、若い頃よりも予算が出せる今ならば、より素敵な指輪を購入できる、といった理由で指輪を買い替える人もいます。買い替えでなくとも、愛用している結婚指輪に重ね付けをするのも一つの方法です。

もともとの指輪をベースにデザインを変更する、クリーニングに出す、という選択肢もありますが、買い替えることで、フレッシュな気持ちで結婚生活を続けていくことができるというメリットがあるでしょう。

結婚指輪を買い替える時期とは

結婚指輪を買い替える時期としては、結婚10年、20年といった節目の年を選ぶご夫婦が多いようです。このくらいの年月が経つと、結婚した当初とはデザインの好みが変わってくることも多く、より自分たちに合ったデザインの結婚指輪を新調したい、という意向から買い替える人が出てくるのです。

シンプルなデザインの結婚指輪も素敵ですが、女性として、また男性として歳を重ねると、よりゴージャスなデザインや、より洗練されたデザインが似合う、また好むようにもなるでしょう。新しい指輪のデザインなどを選んでいると、新婚当初のことなどを思い出すはずです。結婚の意味などを再度考えたり、今までの結婚生活を振り返ったり、結婚指輪の新調が、改めて夫婦の絆が深まるきっかけとなるかもしれません。

おすすめの記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ダイヤモンドブランドならではの洗練された人気マリッジリング ラザール ダイヤモンド 2017 新作特集