結婚指輪の予算オーバーで義母から嫌味

結婚指輪の平均購入金額というものもありますが、せっかくですから予算オーバーしても良いものを買いたい!と思うのも普通でしょう。しかし予算オーバの指輪を見て義母に嫌味を言われることもあるようです。

はじめに

結婚指輪の平均購入額は、二人分で20~25万円程度だそうです。もちろん指輪にはほとんどお金をかけない夫婦もいます。個人差はあるでしょうが、一生身に着けるものだし気に入ったデザインのものであれば、少しくらい予算をオーバーしても、という気になりがちなものです。しかし、金額面で義母に指摘されたときはどうすればよいでしょうか?

気に入ったデザインの結婚指輪。でも予算オーバーと義母から嫌味を言われ…

常日頃「結婚をするときの楽しみの一つが結婚指輪を選ぶこと」と思っていた私は、どんな結婚指輪を作るかずっと思い描いていたほどです。いろいろな雑誌を見たり、ネットで探してみたり、最終的にはお店に直接行っていろいろなデザインのものを見て回り、ようやく「これ!」という指輪を見つけました。

ちょっと予算オーバーでしたが、一生身に着けるものだし、少しくらいであれば今後のやりくりで何とかなると思って購入しましたが、喜びもつかの間。指輪を買った次の日に、義母から結婚指輪の値段のことで電話がかかってきました。これから結婚式や新居にお金がかかること、指輪にそんなにお金をかけるなんてどうかしている、など私のお金の使い方についてもくどくどと……。

金遣いは荒いほうではないし、指輪のお金は彼と折半だったのです。そこで、「差額分は自分で払います」と言い返したら、無言で電話を切られ、その後もギクシャクしてしまいました。

お金にうるさいのか、嫁のお金の使い方が気に入らないのかを分析

本当にケチでお金にうるさい義母であれば、結婚指輪のお金をこちらが出すことで解決するでしょう。結婚指輪は夫婦でデザインが違っても問題ないですし、お互いの気に入ったものを別々に購入する夫婦も少なくありません。指輪は一生身に着けるものですし、常に目に入るものです。指輪によくない思いを残しておかない方がいいので、自分の思い通りのものを手に入れる方がいいでしょう。

その際には、もし義母が自分の言い方で気分を害しているのなら、謝罪をしておきましょう。目上の方ですし、夫の母親なのですから立てておくことも必要です。嫁としてのお金の使い方について口を出すタイプの義母であれば、要注意です。今後の結婚生活についても何かとチェックが入ることを覚悟すべきです。義母の愚痴を聞きたくなければ、義母の前では倹約をしている姿勢を見せましょう。

義母とうまくやっていくには、何が気に入らないのか、どういったことに対して文句が出るのか、を分析することが必要です。結婚式の予算などについても口を挟み、お嫁さんがぜいたくをしていると思っているようなら、指輪は高価だけれど、それ以外ではぜいたくをしていないということをきちんと理解してもらうようにしましょう。

おすすめの記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ダイヤモンドブランドならではの洗練された人気マリッジリング ラザール ダイヤモンド 2017 新作特集