男女別!結婚指輪を外す事情・外したくなる瞬間

結婚指輪をはずさなくてはいけない事もあるでしょう。ここでは男女別に指輪をはずさなくていけな際の事情と外したくなる瞬間について紹介しています。

はじめに

結婚すると、金属アレルギーなどの問題がない限りは、常に結婚指輪をしているものです。しかし、ときとして結婚指輪を外さなくてはならない場合もあります。また、「結婚指輪を外したくなる瞬間」もあるのではないでしょうか? こちらでは、結婚指輪を外さなくてはならない事情と、外したくなる瞬間を男女別にみていきます。


男性が結婚指輪を外す心理とは?

男性の場合、機械を扱う仕事をしていたり、力仕事をしていたりして、結婚指輪を傷つけたくないという理由から外す場合もあります。また、太ってしまい、サイズが合わなくなった、ということも結婚指輪を外す理由のようです。さらに、男性の中にはアクセサリーをするのが苦手で、指輪にどうしても慣れることができないという人もいます。

このように、やむを得ず指輪ができないというケースもありますが、男性が結婚指輪を外すのは、奥さんから解放されたいという願望があるからだという声も。結婚指輪は永遠の愛を誓うものですが、それが重荷になると「鎖」のように感じてしまいます。そこから逃げ出したいと思ったとき、男性は指輪を外すのです。

女性が結婚指輪を外す心理とは?

女性も男性と同じように、仕事上やむを得ない場合には指輪を外しますし、太ってしまって入らなくなることもあるようです。特に中年以降に太りやくなり、指輪がきつくなってしまう女性も少なくありません。

また、女性であってもときには家庭というものから解き放たれ、女性として見られたいという願望が出てくるものです。特に専業主婦などで外に出ることが少ない女性は、社会から取り残されていると感じてしまいがち。そこに、自分を認めてくれる男性が現れると魅力を感じて、その人と会うときには結婚指輪を外してしまう、ということもあるといいます。

女性には、年齢とともに女性として見られなくなっていく寂しさがあります。「まだまだ女性として見られたい」といった願望が強くなり、家庭でそれがうまくいかないと大きなストレスになります。そういった精神状態が重なると、結婚指輪を外したくなるのでしょう。

結婚指輪を外さなければいけない場合とは?

仕事以外でも、結婚指輪を外さなければならない場面があります。たとえば、妊娠・出産はその代表的なケースです。帝王切開などになったときに指輪をしていると、手術中に電気メスを使用した場合、指輪に電気が集まり、やけどすることもあります。また、妊娠すると指もむくみやすくなるため、外した方がいいといわれています。

さらに、料理をする際や風呂掃除などをするとき、スポーツジムなどで器具を使うときには、指輪を傷つけてしまう可能性もあるので、外した方が無難といえるでしょう。また、菌が入ってしまう恐れがあるため、衛生面から外す人も多いようです。

おすすめの記事はこちら

利用者急増中!知ってる?結婚指輪もネットの時代!
ダイヤモンドブランドならではの洗練された人気マリッジリング ラザール ダイヤモンド 2017 新作特集