テイスト・タイプ別!ブライダルブーケのデザイン集

ゲストに意外と見られているブライダルブーケ。「花にこだわるかどうかで見栄えが変わる」と言われるほど大切なブライダルアイテムです。とはいえ、どれもかわいくてデザインを決めかねている女性も多いもの。そこでタイプ別におすすめのブライダルブーケのデザインをご紹介します!

ブライダルブーケ・ブートニアって?

結婚式で行われるブーケ・ブートニアはもともとヨーロッパの儀式。ロマンチックな演出として日本でも人気が高いです。

やり方は、まず新郎が先に入場する時にゲストから12本のバラを集めます。そしてそのバラをブーケにして、祭壇の前で花嫁の入場を待ちます。そして花嫁が父親といっしょに入場し、父親からエスコートを任されたら、手に持っているブーケを花嫁にプレゼントし、プロポーズを行います。花嫁はプロポーズを受ける証として、ブーケの中から1本花を抜き、それを「ブートニア」として新郎の胸ポケットに入れるというもの。

ゲストの前でプロポーズを再現できますし、ドラマ性があるので演出にもピッタリ!ゲスト参加型なので、周囲も盛り上がります。

ブライダルブーケはどうやって選ぶ?

ブライダルブーケはドレスとの相性がいいものを選ぶのがおすすめです。ブーケにも基本的な形がいくつか用意されているので、先にドレスを決めてからブーケを選ぶと安心です。花担当のスタッフとドレスの写真を見せながら相談すれば、相性のいい形のブーケを提案してくれるでしょう。ドレスをより美しく引き立ててくれるブーケを選ぶのが理想的です。

また、衣装によって合うブーケも変わるので、お色直ししたらブーケも持ち帰るようにしましょう。ブーケの印象をガラリと変えるだけでもゲストにも新鮮さを感じさせられるので、演出としても活用できます。さっそく、ドレスのシルエットと相性がいいデザインのブーケをそれぞれご紹介します。

【1】ラウンドブーケ

万能なデザインのブーケで、どんな形のウエディングドレスにも似合います。丸い形のかわいらしいブーケなので、小さめのバラやガーベラなどの花を使ってやさしい印象に仕上げます。また、使う花によって雰囲気を変えやすく、クラシックなブーケにしたりカジュアルなブーケにしたりと自由度が高いのも魅力。迷ったらラウンドブーケを選ぶのもおすすめです。

また、会場の雰囲気がアットホームでオープンなものであればラウンドブーケとの相性はバッチリです!

【2】キャスケードブーケ

クラシカルで伝統的な雰囲気の結婚式を挙げる花嫁におすすめのデザインです。キャスケードとは滝という意味。滝のように流れるデザインで優美な印象を与え、格式高いホテル挙式にもぴったりのブーケ。プリンセスラインやAラインのドレスとの相性が良く、カサブランカやバラなどがよく使用されます。

比較的長さがあるので背の高い花嫁が持つと凛とした印象で様になり、見栄えが良くなります。結婚式の雰囲気を格上げしたい時に活躍してくれるブーケです。

【3】オーバルブーケ

落ち着いた印象にしてくれるオーバルブーケは、ラウンドブーケを楕円型にしたような形のもの。キャスケードよりも長く、さまざまな表情を見せてくれる形です。プリンセスラインのドレスとの相性が良く、花嫁の女性らしさをふんわりと引き立てます。

緑の葉が良く見えるタイプのブーケなので、ナチュラルな雰囲気を出したい花嫁にぴったり。ちょうどいい長さなので、背の小さい花嫁でもバランスよく持つことができます。

ブーケにするのに良い花材はどれ?

【1】バラ

花嫁の純粋無垢で清楚なイメージを与えるには、白いバラが定番です。白いバラには「純潔」という花言葉に加えて「私はあなたにふさわしい」という花言葉もあり、気品ある花嫁にふさわしいメッセージが込められています。ウエディングドレスの白との相性も良く、花嫁ならではの凛とした美しさをあますことなく発揮してくれる鉄板の花だと言えます。
また、赤いバラも写真映えが良くおすすめです。赤いバラの花言葉は「あなたを愛します」という情熱的なもので、永遠の愛を誓う結婚式にもピッタリ!

【2】カサブランカ

カサブランカはバラと並んで人気のブライダルフラワーのひとつ。花言葉は「雄大な愛」「威厳」「高貴」などで、深い愛を持った花嫁の美しさをしっかり伝えてくれるような花です。
特に教会との相性が良く、壮麗な雰囲気に満ちた教会に上質な美しさを添えてくれる高貴な花です。クラシカルなドレスにも似合います。

結婚式後のブーケはどうする?

結婚式後にブーケを捨ててしまうのはもったいない!大切な結婚式で使ったブーケは大切に取っておきたいものです。その保存方法として人気を集めているのが「ウエディングボトルライト」。

まずブーケをドライフラワーにした後、インテリアアイテムとしても活用できるボトルライトの中にドライフラワーを入れます。そうすればいつまでもブーケを部屋に飾っておけるので、ふたりで幸せな思い出を振り返ることができます。

ほかにもドライフラワーにすることでリースにしたり飾っておけたりと活用の幅が広がるので、捨てずに取っておく方法を探すのがおすすめです!

この記事のタグ

関連記事はこちら

BRIDAL JEWELRY STORE I-PRIMO SELEXIA 公式通販サイト
ダイヤモンドブランドならではの洗練された人気マリッジリング ラザール ダイヤモンド 2017 新作特集